宇都宮けんじ 17日間の選挙戦まとめ映像


Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

弁護士の会などが

   東京地裁・高裁前で宣伝活動


 7月2日午前10時から、「希望のまち東京をつくる弁護士会」​と法律事務所事務局労働者は東京地裁・高裁前で都知事選挙勝利にむけて宣伝活動をおこないました。

 梅雨の合間をぬって青空の下、山添拓参議員議員と飛び入りの市民​も含めて25人の参加でした。プラスターをかかげなら裁判所のまえを通行する人に法定2号ビラ​まきをおこないました。宇都宮けんじさんよろしく」と訴えに、道​行く人の中には「頑張ってください」「応援してます」と声をかけ​てくれる人もいました。 

 最後に参加者で、宇都宮けんじ都知事候補勝利を目指し頑張ろうと​決意を固めました。児玉勇二弁護士(23期)は、メグセタで市民と野党の共闘で頑張​っていると話しました。 

 黒岩「弁護士の会」共同代表は、「すべての小選挙区で画期的な市​民選対ができ、私も初めての経験でたいへんに面白い選挙になって​いる。私たちには都政を変える力がある。自己責任よりも社会的連​帯、支え合いが重視される東京の実現を目座、最後の3日間奮闘しよう。と訴えました。 

 山添拓参議院議員は「今、小池都知事が公開討論をなかなかやろう​とせず、論戦から逃げている。宇都宮けんじさんのことをもっと多​くの人に知らせるため、対話、宣伝活動を拡げましょう」とよびか​けました。

で自分についてや事業内容、特筆したいポイントなどを紹介しましょう。長くなりすぎないよう簡潔にまとめるとよいでしょう。

宇都宮さん勝利に向かって すすむとりくみ

宇都宮さん第一声

東京都知事選(7月5日投票)が告示され、選挙戦がスタートしました。
 市民と野党の共闘の候補者として立候補した宇都宮けんじ候補は、立候補届けのあと、都庁第1庁舎前で立候補第一声の訴えをおこないました。

政策

3つの緊急政策+重視する8つの政策
その他の重視する政策
東京オリンピック・パラリンピックに対する対応

都政パンフ2020

「2020年都知事選挙・私たちの提案‐ 市民と野党の共闘で小池都政の転換を‐」
頒価:一冊300円

市民と野党の共闘

初日、新橋駅SL広場前で、立憲民主党の枝野代表、日本共産党の志位委員長、社民党の福島党首が並んで訴えをおこない、国民民主党小沢一郎衆院議員からもメッセージ。
市民と野党の共闘でたたかう都知事選となりました。

宇都宮けんじさん 第一声

東京都知事選(7月5日投票)が告示され、選挙戦がスタートしました。
 市民と野党の共闘の候補者として立候補した宇都宮けんじ候補は、立候補届けのあと、都庁第1庁舎前で立候補第一声の訴えをおこないました。
 宇都宮候補は演説で、すでに発表した政策をもとに、新型コロナウイルス対策や都立<CODE NUM=00A5>公社病院の地方独立法人化問題、カジノ誘致問題などをとりあげ、この4年間の小池知事の都政運営を厳しく批判。また、安倍政治のもとで新自由主義、経済効率主義ばかりを追及する社会となっていることを告発し、いまこそ社会的連帯が求められているとして、「都民のくらしを第一に考える都政」を実現するために全力をあげることを訴えました。


市民と野党の力で宇都宮さん必ず

志位・枝野・福島・小沢氏が激励


宇都宮選挙事務所に日本共産党の志位和夫委員長、立憲民主党の枝野幸男代表、社民党の福島みずほ党首、国民民主党の小沢一郎衆院議員が集まり、宇都宮氏を激励。漢人(かんど)明子緑の党都本部共同代表も駆けつけました。
宇都宮氏は「あと15日の選挙戦を頑張りぬく」と力を込めました。(赤旗6/21より)


立憲・共産・社民党首と宇都宮候補が訴え

JR新橋SL広場前で

夕方には、新橋駅SL広場前で、立憲民主党の枝野代表、日本共産党の志位委員長、社民党の福島党首が並んで訴えをおこないました。(詳細下から) 国民民主党の小沢一郎衆院議員からは「勝利のためにあらゆる努力を約束する」とのメッセージが紹介されました。
宇都宮けんじ候補は、「今回立候補した誰よりも、都民一人ひとりの命やくらし、コロナ災害でしわ寄せを受けている社会的弱者の方への思いは強い」」と述べ、支持を訴えました。

立憲・共産・社民党首と宇都宮候補が訴え

国民・小沢衆院議員がメッセージ

JR新橋SL広場前で


夕方には、新橋駅SL広場前で、立憲民主党、日本共産党、社民党の各党首と並んで訴えをおこないました。
立憲民主党の枝野代表が「一番困ったときに支えてくれる都政をつくる、命とくらしを守るために宇都宮さんを都知事にしよう」、日本共産党の志位委員長が「宇都宮さんは弱い立場の人に寄り添いつづけた心優しい人。最良の候補者。市民と野党の力をあわせて必ず都知事にしよう」、社民党の福島党首は「反貧困ために地道な活動をつづけてきた。宇都宮都知事誕生のために力をあわせよう」と訴えました。また、国民民主党の小沢一郎衆院議員からは「勝利のためにあらゆる努力を約束する」とのメッセージが紹介されました。

〃生存権がかかった選挙〃
 野党各党からの熱い応援演説をうけてマイクをとった宇都宮けんじ候補は、この選挙で重視する課題として、①新型コロナウイルスから都民の命を守る医療体制の充実と自粛や休業にともなう補償を徹底すること、②都立病院<CODE NUM=00A5>公社病院の独立行政法人化を中止し、このような病院を充実し強化すること、③東京五輪について専門家が困難と判断すればIOCに積極的に中止を働きかける、④カジノ誘致をきっぱりと中止すること、などを表明。「今回立候補した誰よりも、都民一人ひとりの命やくらし、コロナ災害でしわ寄せを受けている社会的弱者の方への思いは強い」」と述べ、支持を訴えました。

なチャレンジは私たちの原動力です。より良いサービス提供を行うことが喜びであり、楽しくも真剣に取り組んでいます。